体が太っていてあきらめてしまったこと

体が大きいと欲しい物が買えないことにショックを受けました

私は、これまで幾度となく、ダイエットをしようと決意するに至ったきっかけに出会ってきましたが、その中でも、今回は特に大きなものでした。
私は、幼稚園教諭をしています。その幼稚園の同期の先生と、大変仲がよく、仕事を始めてから8年経った今でも、その先生とプライベートでもよく一緒に過ごします。
ある日、その先生とショッピングに出掛けた時のことです。とっても可愛いブーツを見つけ、2人とも、とても気に入りました。そこで、お揃いで買おうということになりました。2人で仲よく試着をしたところ、私だけふくらはぎの部分がパンパンになってしまったのです。その先生は、私よりもかなりスリムな体型で、足が細いことは始めから分かっていましたが、彼女のまだ余裕のある、きれいに履きこなしたブーツと、私のみじめなブーツを見て、愕然としてしまいました。サイズ違いを試してみましたが、それも駄目でした。
その先生は、私に気を遣いながらも、購入に至りましたが、私は迷った挙句、買うのをやめてしまいました。本当に気に入ったブーツだったのと、大好きな先生とお揃いにすることが出来なかったので、悲しすぎました。
この時、本当に心の底から、痩せたいと思ったのです。